2013.08.13−17 山口県東部車中泊の旅 寂地峡(じゃくちきょう)

再び「道の駅・仁保の郷」に戻り昼食 午後12:00に出発 国道376号線で一路寂地峡を目指す
途中須々万本郷で国道434号線に入り 錦町・雙津峡を経て寂地峡へ 2.5時間・距離97.6km
img
周南市大字高瀬 島地川ダム 人工湖の高瀬湖
imgimg
島地川ダム 下流に名勝・高瀬峡がある
周南市須万 岩国市境近くの駐車場から
img
駐車場から見る吊り橋の架かる宇佐川上流域 対岸は旧国道
img
岩国市錦町宇佐 中国自動車道・宇佐川橋
山口県岩国市錦町 寂地峡
寂地峡は 西中国山地国定公園の三大渓谷(他に広島県:三段峡 島根県:奥匹見峡がある)の一つとされる
寂地山の頂から清冽な水が流れており 標高300mの錦川支流宇佐川にある
渓谷は犬戻峡と竜ヶ岳峡に分かれ 犬戻峡は犬戻十八滝が名所で 幾つもの滝が連続する
特に五龍の滝は環境省の日本の滝百選にも選ばれている名瀑である 竜ヶ岳峡は七ヶ所の滝を中心として
奇岩・岩屋が連続する 寂地川は湧水が豊富で水質が良いことから名水百選に選ばれている
現地掲示板:寂地峡(竜ヶ岳峡)
ZYAKU TI KY00(RYUU GA DAKE KY00)
この渓谷は、美しさの点では県下一の渓谷と言える。この渓谷は峡というより、沢と呼んだ方がピッタリで、
観光部分に限れば全体が一つの滝のような観がある。谷水が一気に100mを滑り落ちる。俗に七滝、目ぽしいもので
五滝ある。これが「五竜(ごりゅう)の滝」である。このほか、途中に「大乗淵(だいじょうぶち)」。
「ビョーブ岩」が見所であり、沢筋の道は寂地山の南頂上に至る。この沢筋の良さは自然林である。

五龍の滝最下流・龍尾の滝(2段滝) 上段落差15m 下段落差5m
img
img
img

img
登龍(とりゅう)の滝と大乗淵
落差8m
img

白龍の滝 落差10m
img
img

龍門の滝 落差18m
img
奥に見えるのが龍門の滝
img
img
img
img
img
img
浸食岩が美しい
img
龍門岩

五竜の滝 最上部「竜頭の滝」落差14m
img
img
本日の車中泊は 往路を錦町まで戻り「道の駅ピュアラインにしき」 途中雙津峡温泉の錦グリーンパレスで入浴
料金500円 他に「元湯 憩いの家」が同料金で入浴可能
<PREV・仁保とパラボラ館>   TOP  <NEXT・錦町・美川町>
<中国の旅・INDEX>