2013.08.13−17 山口県東部車中泊の旅 仁保とKDDIパラボラ館

前夜に自宅を出立し下関市の「道の駅・きくかわ」で一泊目の車中泊をした
早朝 北に約10km離れた「道の駅・蛍街道西ノ市」に移動し 「道の駅・きくかわ」と比較すると
「西ノ市」の方が施設・環境ともに優れていると感じた 「蛍街道西ノ市」には温泉もあり
次回からはこの「蛍街道西ノ市」を利用する
img
下関市豊田町大字城戸の木屋川べりにある 平安・鎌倉時代の関所跡
平安時代の中頃、豊田氏が定住すると、この要害の地に城戸(木戸)を設けて関所とし、
南からの侵入者を警戒した。今、この地を城戸(きど)といい、関所の地を節所(せっそ)という。
この城戸のうち山側に片山という関守が住んでいた。
平成14年3月 下関市教育委員会
imgimg
朝もや
道の駅・蛍街道西ノ市
img
道の駅周辺は田園地帯 豊田町大字殿敷の集落
肥中街道 楢原
img
肥中(ひじゅう)街道 楢原
肥中街道は 室町時代に大内氏の本拠地であった山口と肥中とを結ぶ街道を整備し設けたのが始まりである
鎌倉時代末期・当主となった大内盛見が九州征覇をもくろみ 豊前国に対する潮の流れの速い赤間関を 敬遠し
特牛(こっとい)の北部にある 響灘に面し南西に開いた深い入江の肥中を湊としたことから
中世期における日本海々運の要衝湊として 繁栄した また『防長風土注進案』に著された
「大内家の船倉の在りし地」となって 中国・朝鮮との貿易においても重要な 機能を果たしたといわれ
大内氏直属の関奉行が管轄する関が設けられた その後は中国地方西部の覇者となった毛利氏に 引き継がれ
毛利氏も海運によってその勢力を維持したと伝えられている 街道はおよそのルートとして
山口市道場門−山陰道−吉敷−寺領−吉敷畑−大峠・馬路峠−柿ノ木原−山田−山露−曽根−平原−桃ノ木
−三ツ杉−麻生−楢原−浮石−久森−特牛−肥中のルートで 現在の国道435号線・県道240号線を辿る
img
楢原 浄土真宗本願寺派 正念寺
美祢市 滝口の大嶺炭田露出石炭層
img
img
北から麻生・桃木・平原・滝口に露出した石炭層があり 古くは露天掘りされ燃える石として認識されていたが
明治になって 形成年代が古く炭化が進んだ良質の無煙炭であることが判明し
無煙炭の日本最大の産地として大嶺炭鉱が開かれた  大嶺炭田の無煙炭は文字通り煙を出さないため
敵艦に発見される恐れが極めて少なく 明治から大正期の帝国海軍に重宝された
山口市 鰐石橋の旧親柱と鰐石の重岩
img
鰐石橋
img
imgimg
鰐石の重岩
山口の町の東南の入口はこの鰐石であった。山口に出入りする旅客の歓送迎がここで行われた。河の中のこの重岩は
古くから山口の名勝として有名で、大内時代山口に来た中国明の趙秩は、山ロ十境の詩を作ったが、
その一つにこの鰐石の景を詠じたものがある。次のような詩である。
禹門に点額して竜とならず 玉立流渓激衝にまかす 自らこれ烟霧はぜを釣る処 幾重の苔蘇は白雲を封ず
この重岩の御神体は恵比須様で締縄の長さは13m50cmある。

道の駅 仁保の郷
2階はギャラリーや教室・貸室
img
img
img
img
img
子供の頃「模型屋」で買った木製の鉄道模型を思い出す
嘉村礒多生家
仁保のキャッチフレーズは「一歩 仁保 さんぽ」であるが 車で嘉村礒多生家に向かう
嘉村礒多(かむら いそた 明治30年−昭和8年)は 山口県吉敷郡仁保村出身の私小説家である
築120年の生家は見学ばかりではなく自炊1泊1人3000円で宿泊も可能で 旧家の保存方法としては画期的である
Link:仁保Web
img
imgimg
管理人さんと
天井裏の小屋組
img
電気炊飯器も備えてあるが 昔ながらの竈(かまど)で炊くこともできる
別名に「へっつい」「くど」などとも呼ばれ 関西では「へっついさん」京言葉では「おくどさん」など
親しみを込めて呼ばれる大切なもの 茅葺屋根は竈の煙で燻されることで腐朽を防いでいる
煮炊きが出来ないほど困窮したり 廃屋になると茅葺屋根が湿って「ぺんぺん草(ナズナ)」が生え
屋根が腐り家が朽ち果てる 「屋根にぺんぺん草が生える」と言うのは経済的に貧しくなる意味を持つ
img
img
img
imgimg
トイレは最新のウォシュレット付き 風呂は懐かしい五右衛門風呂
img
img
img
上ヶ山(あけやま)の村社(むらやしろ)
平成8年に 人丸神社・客神社・河内神社・足王神社・霊神社・厳島神社・木崎神社・金比羅神社
観世音菩薩・地蔵菩薩・弘法大師の八神社三菩薩を合祀した神仏習合の御堂である

仁保の銘水 平家の泉
800年の昔、下関の壇の浦で源氏に敗れた平家の落人は、各地に四散し、その中には平家一門の万寿姫もいた。
姫はわずかな郎党に守られながら仁保川を遡り、上げ山の里を過ぎて小径にさしかかると行く手に
巨大な岩が見えていた。 岩の傍には湧水が出ており、万寿姫や郎党達はこの湧水を飲むと
激しかった戦いの悪夢も徐々に醒めて穏やな気持ちを取り戻した。ほどなくして岩に坐した万寿姫は、
笛をとりだし静かに吹き始めると笛の音は静寂な谷間へ吸い込まれるように消えていった。
この湧水で喉を潤した一行は休息の後、徳地の白井の里へと旅立って行ったと言われている。
img
imgimg

KDDI パラボラ館
KDDI 山口衛星通信センターは旧国際電信電話(KDD)時代の1969年5月に『KDD山口衛星通信所』として開設
KDDI 唯一の衛星通信施設であり なおかつ日本最大の衛星通信施設でもある
Link:KDDI パラボラ館公式サイト
img
館内 太平洋とインド洋それぞれの静止衛星に向かってパラボラアンテナが並ぶ
img
img
img
img
<中国の旅・INDEX>  TOP  <NEXT・寂地峡>