2012.04.04  鳥取県・三朝温泉散歩

三朝温泉の由来は 今から800年以上もさかのぼる 平安時代の長寛2年(1164) 源義朝の家臣・大久保左馬之祐が
主家の再興祈願のために三徳山へ参る道中で 年老いた白狼に出会い弓で射ようとするが思いとどまり その場から
見逃すことにした その夜のこと妙見大菩薩が大久保佐馬之祐の夢に現れ 白狼を助けてくれたお礼にと 源泉の
ありかを教え授けたという それからは 病に効くという温泉の湯は村人に伝わり 救いの湯として今日に至る
今でも公衆浴場の『株湯』として大切に残されてる 三朝温泉の湯は 世界でも屈指のラドン泉である
<Link:三朝温泉観光協会ホームページ
imgimg
薬師堂前の足湯と飲泉場 「薬師の湯」
img
「薬師堂」と足湯のある街角 男性天国の歓楽街は淘汰され「陥落」したようです
imgimg
河鹿蛙のコレクション
古いカメラのコレクション
img
img
旅館「橋津屋」の送迎車 ロンドンタクシー「ビッグベン」
imgimg
三朝神社
南苑寺 本堂・隠寮・庫裏・山門は国の有形文化財
<中国の旅・INDEX>  TOP