2016.11.02 大入島サイクリング

大入島(おおにゅうじま)は 大分県佐伯市の佐伯湾に浮かぶ離島で 佐伯港から約700mにあり
周囲約17km 面積5.56平方kmのひょうたん形の島で 島内最高地点は標高193.5mの遠見山である
島の主要産業は漁業で 「ちりめん」「いりこ」が名産品である
島の北東部は日豊海岸国定公園に指定されており 人口は約1000人で島内に市立の幼稚園・小学校・中学校がある
img   大入島キャラ「じんむ君」
伝説によれば 神武天皇東征のおり大入島日向泊に立ち寄り
島民が航海の安全を祈り焚火で見送ったという
この伝説に因む「大入島トンド火まつり」が毎年1月に行われ
一年の無病息災・家内安全が祈願される
その他 神武天皇が砂浜に弓を突き立てて掘ったという
神の井(かみのい)がある

  Link:大分県離島振興協議会公式サイト・おおいたの島めぐり
  Link:大入島ホームページ「大入島 of 大入島」
車中泊での大入島行きを考えたが 充分に日帰りが可能なので サイクリングだけを目的にして早朝の出発とした
午前7時に自宅を出発し10時前には佐伯港へ到着した フェリー乗り場には駐車場が無いということで
卸売市場の「さいき海の市場◯」駐車スペースへ移動し車を留めた
土日には混雑が予想されるので 150m程先にある「港ロマンパーク」の駐車場を利用したほうが良い
大入島観光フェリー片道運賃 300円/1人+自転車1台 午前10時15分発 約7分で島に到着
img
午前7時45分 国道442号久住高原展望台 本日は快晴
img
大入島フェリー発着場を午前10時26分に出発 発着場−守後浦−久保浦−海の駅−片神浦−高松浦−日向泊浦
−白浜−竹ヶ谷−塩内浦−荒網代浦東−荒網代浦西−大荒網代−石間浦−発着場と時計回りに走る
imgimg
守後浦 本土からの送電線
大分県道692号大入島南循環線
imgimg
久保浦隧道
久保浦
imgimg
今日は「ミニベロ」で「ポタリング」
寝そべるカンガルー像
img
片神のカンガルー広場
オーストラリア・グラッドストン市との友好の証としてオープンした広場
グラッドストン市の彫刻家ポール・アダムソン作のブロンズ像「寝そべるカンガルー像」や
アボリジニーアートが描かれたトーテムポール・オーストラリアの樹木が植栽されている
img
カンガルー広場
imgimg
堀切のマリンハウス「海人夏館」
郵便局や交番の有る中心部
imgimg
特産品加工販売・ビジターセンター「食彩館」
ここから県道691号大入島北循環線
img
片神浦
imgimg
マリンバス
オーストラリアの花 ジャカランダ
imgimg
片神浦 恵比須神社
大入島北トンネル
img img
高松浦
imgimg
文化7年(1810)伊能忠敬大入島測量宿泊地
県道691号大入島北循環線
img
海は凄っく綺麗です
imgimg
人形碆
人形岩
img
万葉歌碑 万葉集豊後国の白水郎(あま)の歌
紅に 染めてし衣 雨ふりて にほいはすとも 移ろはめやも
意:「紅花で染めた衣は 雨に濡れて色濃くなることはあっても
決して褪せて色が薄くなるような事があろうか いや ありやしない」
imgimg
新日向泊トンネル
日向泊浦
img
日向泊の集落
imgimg
神武天皇が弓で掘った 神の井
満潮時には海水に没する 豊の国名水
imgimg
日向泊隧道
断崖の道が続く アップダウンは無い
imgimg
食彩館に抜ける「白浜トンネル」 ここから南循環線
竹ヶ谷
img
塩内浦
imgimg
塩内隧道
第二塩内隧道
img
元ヶ鼻
img img
荒網代浦東
imgimg
下水処理センター屋上が展望所
荒網代浦東公園
img
佐伯湾
imgimg
マンホール
荒網代浦西
imgimg
佐伯市立大入島小学校
石間浦
imgimg
午後1時20分 フェリー乗場到着
次の便は14:00発
imgimg
左へ時計回りに約3時間で一周した 
佐伯港 午後2時10分
<九州の旅・INDEX>  TOP