2014.04.23−24 長崎県平戸島・生月島車中泊の旅 No.1 平戸島(1)

平戸島(ひらどしま)は 南北32km・東西最大幅約10km・面積163.42平方kmで
島としては国内20位の面積で 北端の田の浦から南端の宮ノ浦までの道のりは約45kmある
東側の九州本土に接する海峡は平戸瀬戸と呼ばれ 最も狭い部分は約570mである
昭和52年(1977)に瀬戸を横断する長さ665mの平戸大橋が架設された
島の最高峰は標高535mの安満岳で 東西二筋の山地が横たわり平地は比較的少なく棚田と溜池が多い
浦々には漁港があり漁業も盛んである 耕地が少ないため醤油の代用として昔から魚醤が作られ
平戸醤油として有名である またトビウオ漁も行われ「焼きアゴ」や「干しアゴ」も名産で 北部九州では
これを「ダシ」に使う「アゴだし」で正月の雑煮を煮る 長崎県北部の この温暖な地域では
ツツジ栽培が盛んで多くのツツジ公園がある その多くに平戸島原産の「ヒラドツツジ」が植えられている
歴史
古代では 遣隋使・遣唐使の寄港地となり 大陸との交易に重要な拠点であった 平安時代以降は
水軍・松浦党の本拠地となり 「ひら」または「ひらのしま」と呼ばれ「比良」「庇羅」「飛鸞」などの記述がある
その後 肥前国と「庇羅の島」間の瀬戸を「ひらのと」と呼び これが訛り鎌倉時代からは「平戸島」と呼称された
モンゴル帝国の二度に亘る日本侵略(元寇・1274年・1281年)に 無防備であった平戸島は大きな損害を受けた
特に二度目の侵攻では 元軍の拠点として島は征服され 日本軍の襲来に備え 島に塁を築いて陣地を構築した
天文19年(1550)にポルトガル船が来航し 平戸港は南蛮貿易港として海外に開かれ イエズス会によって
キリスト教の布教が進められ その後はキリスト教弾圧の舞台にもなる
ポルトガル船は永禄4年(1561)の日本人との暴動(宮ノ前事件)により 佐世保湾内の横瀬浦に貿易拠点を
移したが その後も平戸港には天正12年(1584)にはイスパニア その後はオランダ・イギリスの船も来航した
江戸時代に入り慶長4年(1599)に 初代平戸藩主となる松浦鎮信によって平戸城が築城され
慶長14年(1609)オランダ商館・慶長18年(1613)にイギリス商館が設立されたが その後の鎖国政策により
元和9年(1623)イギリス商館が閉鎖 オランダ商館も寛永18年(1641)に長崎の出島へ移転し
平戸港の南蛮貿易は終焉を迎える 以後は平戸藩の城下町として栄え明治維新を迎える
昭和30年(1955)周辺地域とともに西海国立公園に指定され 島の24%が国立公園の範囲内となる
昭和52年(1977)平戸大橋が開通 平成22年(2010)島の西岸と生月島を含む約1100haが
隠れキリシタンの伝統と棚田群などの景観を指して 重要文化的景観として選定された
imgimg
幸橋(オランダ橋)
英国商館遺址之碑
imgimg
文化財 オランダ船錨
平戸城址 亀岡公園
imgimg
北虎口塀
北虎口門
imgimg
亀岡神社
乾櫓(疑似建築)
img
慶長4年(1599)の築城時に植えられた 樹齢400年になるマキの並木 
img
平戸つつじ原木園
img
名所 寺院と教会の見える坂
imgimg
光明寺
平戸ザビエル記念教会
img
img
img
平戸志崎方町
imgimg
img
平戸和蘭商館跡とオランダ塀
imgimg
オランダ井戸
オランダ埠頭の恵比須
imgimg
店内に残るオランダ商館の塀
藩主松浦家邸(松浦史料館)
<九州の旅・INDEX>  TOP  <NEXT 生月島>