2014.04.10  大分県日出町の散歩

大分県速見郡日出町(ひじまち) は 別府・宇佐・杵築の各市に囲まれ 速見郡唯一の町である
また別府湾を囲むように存在する別府市・杵築市と 地形的にも経済や文化においても関係が深い
日出城の下で捕れる「城下かれい」は有名で 5月中旬には「城下かれい祭り」が開催され
リーズナブルな価格で 高級品の「城下かれい」が観光客に振る舞われる
気候は温暖で南側を別府湾に面した町の中心部は 関ヶ原合戦後の慶長6年(1601)に3万石を与えられた
木下延俊が入封し初代日出藩主となって 慶長7年に城を築いたことから発展し 町並みが形成された
明治以降も大凡の町並みは 城下町を起源とした町割りがもととなっており 城跡や外堀が大きく影響している
img
<上>日出城(暘谷城)と城下町の絵図面  <下>現在の空撮写真と城内の範囲
img
img
観光交流拠点施設「二の丸館(やかた)」
imgimg
「城下かれい」の鏝絵
石垣のトンネル 自然石のアーチ
img
日出城趾(暘谷城趾 日出町史跡 昭和25年10月17日指定) 堀跡
慶長6年(1601)、日出藩初代藩主木下延俊は入国後直ちに築城にかかり、翌年八月には大方の普請ができ入城した。
城の縄張り(設計)は細川忠興が行い、石垣の構築は家臣で築城の名手穴生理右衛門が野面積みで築き、
木材は鹿鳴越の大木を用いたといわれる。別名暘谷城(ようこくじょう)と呼ばれ、三代藩主木下俊長が
中国古書『淮南子』(えなんじ)より「日は暘谷から出て咸池に入る」という言葉から引用命名したといわれる。
本丸には三層の天守閣をはじめ、二層の櫓五ヶ所・平櫓が築かれ、これを中心に二の丸・三の丸・外郭と
三重の構えを備え、外郭には武家屋敷や民家を取り入れた。明治7年(1874)、大分県は城内建物を競売に附し
取り壊したが、その一つ隅櫓(鬼門櫓)はそのまま大正10年まで城内にあったが、小学校拡張により移転し
町内仁王地区へと移築され現存していものを、平成20年(2008)に町へ寄付され、町指定の有形文化財として
再び城内へと移築・修理復元された。日出小学校は明治6年に本丸の建物の払い下げをうけ、暘谷小学校が
開設されたのが始まりで、明治20年に小学校令によって暘谷尋常小学校となりその後日出小学校となる。
 本丸下の海岸は俗に「城下海岸」と呼ばれ、眺望絶佳で大分県百景及び別府八景の一つに指定されている。
この海中の真清水が湧く一帯は、「城下かれい」の名で知られるマコガレイの棲息地となっている。
imgimg
大サザンカ 暘谷小学校大手門跡
この木は、旧藩士屋敷の日出中学校内に生育している。樹齢は四百年以上に達すると推定されている。
日出藩初代藩主水下延俊が築城し、士族屋敷を設けたのは慶長7年(1602)、この時すでに生育していたか、
あるいは、その際に植えたものかは不明であるが、現在も樹勢は盛んである。
地上1mで数枝の枝が伸び、高さ7.6m、枝張りは東西8m、南北5mである。花は花弁先端部が紅色を帯びている。
サザンカの品種についての記録は、元禄8年(1695)に出版された「花壇地錦抄」が最初であるが、
同書出版の100年前には、すでに園芸品種サザンカが存在していたことを物語るもので、
きわめて価値が高いといわれている。このことから、曰出町では、サザンカを町花として定めている。
県天然記念物 昭和32年3月26日指定
img
移築された鬼門櫓
img
鬼門櫓の窓
img
二階屋根組
img
旧木下家の石垣塀
img
木下家の家紋「独楽(胡馬)」
img
野面積(穴太積)の石垣 補修工事
imgimg
img
imgimg
img
高崎山遠望
img
img
imgimg
img
img
町有形文化財 「的山荘」大正4年(1915)建築 前庭
<九州の旅・INDEX>  TOP