2014.06.24  別府市・神楽女湖の花菖蒲

住所:大分県別府市枝郷
神楽女湖菖蒲園の駐車場は午前8時頃に開門される 駐車料金1日350円
早朝に訪れ午前8時前には湖を離れる 写真を撮るには早朝に訪れた方が良い
駐車場閉門中は 湖まで車の進入が可能 ただし8時以降は通行止めとなるので注意
神楽女湖には 80種1万5千株の花菖蒲が栽培されている

花言葉:うれしい知らせ 心意気

img
AM 6:40 の神楽女湖
img
img
img
img
img
img
img

花菖蒲(ハナショウブ)
アヤメ科アヤメ属ノハナショウブの園芸種である 色・絞り・覆輪などの組み合わせにより5000種を超える
江戸系・伊勢系・肥後系と 原種の特徴を色濃く残す長井系の4系統に大別される
凡そ戦国時代から江戸時代初期に 東北地方から変異種が選抜され栽培品種化された古典的園芸植物である
江戸に持ち込まれた後 伊勢・肥後系列に進み分化された 長井系は東北の変種を祖に持つ最も古い系統である
同属には 燕子花(カキツバタ)菖蒲(アヤメ)がある 燕子花は古くは和歌に多く詠まれたが
より艶やかな花菖蒲の出現により忘れ去られていた しかし近年に見直しが始まり 再び品種改良が進んでいる
江戸系
江戸時代中期に国内初の花菖蒲園が葛飾・堀切に作られ 浮世絵にも描かれる名所となった
旗本の松平定朝が 60年の年数をかけて約300品種を創作 著書「花菖培養録」を残した
このように江戸で完成された品種群が 後に続く日本の栽培品種の基礎となった
伊勢系
伊勢松阪の紀州藩士・吉井定五郎によって品種改良された品種群
昭和27年(1952)に「イセショウブ」の名称で三重県指定天然記念物となり 全国に広まる
肥後系
肥後熊本藩主・細川斉護が 藩士を江戸の松平定朝(菖翁)に弟子入りさせ 門外不出を条件に譲り受け
現在まで栽培・改良が続けられている 菖翁との約定である門外不出を厳守してきたが
大正時代にこの約定を破る者が売買して瞬く間に広がり 花菖蒲の中心的な存在となった
長井系
山形県長井市で栽培されてきた品種群で 明治43年(1910)に開園した長井あやめ公園で 昭和37年(1962)に
園芸家により上記三系統のいずれにも属さない品種群が確認され 長井古種と命名されたことから始まる
今では少なくとも 江戸中期以前の原種に近いものと評価されている
img
江戸 葵ノ上
img
江戸 不二ノ霞(ふじのかすみ)
img
江戸 めざめ
img
江戸 白糸の滝
img
江戸 露霞(つゆかすみ)
img
江戸 夏姿
img
江戸 奥葵形(おくあおいがた)
img
江戸 神代の昔
img
江戸 松ヶ枝
img
江戸 美吉野(みよしの)
img
肥後 葦の浮船(あしのうきふね)
img
肥後 水天一色(すいてんいっしょ)
img
古種 山野辺
img
古種 長井小紫
img
原種 ノハナショウブ
img
野生種 爪紅(つめべに)

TOP
その他の花菖蒲
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img

img
夏椿(ナツツバキ)
学名:Stewartia pseudocamellia ツバキ科ナツツバキ属の落葉高木
別名の「沙羅樹(シャラノキ)」は 仏教の聖樹 フタバガキ科のサラソウジュに擬して名付けられた
花言葉:愛らしさ はかない美しさ 哀愁
img
山法師(ヤマボウシ)
学名:Benthamidia japonica ミズキ科ミズキ属ヤマボウシ亜属の落葉高木
花言葉:友情
<歳時記・INDEX>  TOP