長崎街道脇往還 多良海道

長崎街道の肥前山口(小田宿の手前)から六角・高町を通り竜王峠を越えて鹿島を経て肥前浜宿に至る
22kmの道程で 六角及び高町は間の宿で鹿島は佐賀鹿島藩の城下であった
肥前浜宿からは 経ヶ岳山腹を標高383mの矢答峠まで登り詰め 海辺の多良宿まで一気に下る距離15km
高低差380mの険しい道筋である 矢答には古くから集落が形成され間の宿の役目もしていたと思われる
多良宿から湯江宿までは多良岳の東部山麓を通る これも山道で標高300から400m程度の高原ではあるが
湯江宿及び多良宿伴に海辺の町であることを思えば 険しい道程であることには違いない
小長井町遠竹にあった山茶花の茶屋跡は 標高380mの位置にある
また 湯江宿からは起伏のある内陸部を通り 約15kmで長崎街道永昌宿(諫早)西の追分に至る
この多良海道は 地形上非常に険しく寂しい道で追い剥ぎや盗賊が出没し治安的にも良いとはいえなかった
佐賀藩は長崎に近いため 福岡藩と1年交代での長崎勤番を命ぜられていたが その負担は大きかった
故に 長崎への移動には 通常佐賀から諫早まで有明海の引き潮を利用し筑後川から下る海路を使い
日程を3分の1程に縮めていた 多良海道は 潮目などによる非常時や藩士の移動に陸路を使ったと思われる
商人や一般旅人は 険しい山道を敬遠し佐賀から海路を竹崎にとり 竹崎から陸路を湯江宿に向かった
脇往還の多良海道は別名「浜通り」「浜往還」「諫早街道」など多くの名称がある
また 竹崎から湯江に至る街道は「たけざき道」「竹崎街道」などと呼ばれている
早朝に自宅を出て 肥前浜宿の観光駐車場に車を留めて 肥前浜宿から多良宿まで多良海道を歩く
歩行距離は約20km 午前10時に駐車場を出発 太良町総合福祉保健センター「しおさい館」に午後16時に到着
「しおさい館」にて入浴し一日の汗を流し JR多良駅発17:16発の列車で肥前浜駅まで戻る 肥前浜駅17:30着
車中泊は予定通り「道の駅太良」にしたが 浜宿の観光駐車場でも 新設の綺麗なトイレが24時間開いており
車中泊は可能である 合わせて「肥前浜宿」の夜の散歩も風情があって良いかも知れない
肥前浜宿−矢答峠
浜宿を出て 湯ノ峰地区に入ると 多良街道と書かれた「黄色い標柱」が立てられている
この「道しるべ」は諫早の手前まで立てられており 現在の街道歩きの道標となっている
出来ることなら ロマンを掻き立てる薩摩街道標識のように「長崎←→江戸」と書いてほしい気がする
imgimg
浜宿の一里塚の辻から上り道が始まる
肥前浜宿番所跡
肥前浜宿番所跡
多良岳の中腹を通る多良海道は、鹿島に入ると矢答の峠を経て、尾根伝いに下り、湯ノ峰公民館前に来ます。
浜宿に藩主や長崎奉行が泊まると、警護のため宿の南北に番所を設け、役人が篝火を焚いて警戒にあたりました。
imgimg
番所跡の六地蔵塔(残骸保存)
鹿島市浜町甲の三差路を右へ
imgimg
多良街道標識と湯の峰陸橋(平成5年竣工)
国道207号線鹿島バイパスを跨ぐ
imgimg
行く先には昔と同じ青空だけが広がる
広域農道「多良岳オレンジ海道」を跨ぐ
img
多良岳オレンジ海道の跨道橋を渡り振り返る 斜張橋は新浜大橋 奥に有明海と有明干拓地
img
少し登ると 左手に鹿島の街並み龍王崎の丘 その奥に鬼の鼻山や聖岳 そのまだ向こうに天山が見える
imgimg
標識 湯ノ峰山152.5mの麓 標高90.5m
標識の所から振り返る
img
黒岩ダム(溜池)堰堤と奥に経ヶ岳・多良岳と五家原岳
imgimg
尾根上の多良海道 
イチゴハウス
img
浜川の谷を挟んで見える工場は 旭九州(株)と東亜工機(株)である 背後は浄土山
その手前 石垣棚田の上に花取三差路で分かれ 祐徳稲荷へ向かう旧街道が通る
imgimg
多良海道標識
標高145m地点 有明海が見える
imgimg
腰掛石
花取ダム西で西葉(さえ)からの市道と合流
腰掛石
多良海道を往来するときに、人々がこの石に腰かけて休んだといわれている。昔は、湯の峰から矢答に
上る道には、松がいっぱい生えていたと言われ、ここからは松林に隠れた祐徳稲荷神社の奥の院を遥拝できた。
※多良海道とは、長崎街道の脇街道であり、以下のルートを言う。
浜宿→湯の峰→鮒越→七開→矢答→多良→湯江
※多良海道という名前が、初めて出てくる資料が、1655年の鳥ノ子帳である。
( 鳥ノ子帳とは初代佐賀藩主鍋島勝茂時代の明暦元年(1655)に統合編纂された藩法史料)
imgimg
花取三差路 左祐徳稲荷 道標は祐徳博物館へ移設
多良海道標識と祐徳バス花取停留所
imgimg
一日3便 土曜1便(折り返し)日曜全休
標高231m 携帯電話アンテナ
imgimg
鹿島市大字音成字七開 廃屋もちらほら
七開 標高262mから有明海
imgimg
標高296mから 婦人ホーム前から鹿島市街遠望
婦人ホーム前のバス停と公衆トイレ
img
婦人ホームのある広い三差路 右の道を下れば 11.2kmで肥前七浦駅にでる
imgimg
初夏の紅葉は野村楓(ノムラカエデ)
矢答峠手前の急坂から振り返る
imgimg
矢答三差路 市道飯田線が分岐
矢答案内マップ
imgimg
祐徳方面7k 飯田方面6k
バス停のある村はずれ
imgimg
水置場の多良海道標識
矢答の水置場 案内板
矢答の水置場
ここは湧水が出ており、浜や多良から登りきった所にあり、格好の休息地で、水置き所であった。
庶民はもとより幕府の巡察使や佐賀藩主なども立ち寄り、のどを潤した。特に、佐賀藩主が長崎警護のために
往来する場合、この街道が多く使われたため、佐賀藩としても重要視していた。
ここには、「山神石塔講中」の石碑があり、それには「是よ利太良だけ道/浜金屋町 開村」と記されている。
この碑は、貞享元年(1684年)に建立された。
imgimg
山神石塔講中の石碑(自然石)
上に地蔵堂
imgimg
左 FARM+CAFE BIGFAMILY
矢答天満宮
imgimg
天満宮神殿
矢答公民館
imgimg
少し開けた矢答集落の中心部
峠の市道三差路 左・江福 右・多良
imgimg
江福方面7k 祐徳方面8k 上矢答多良方面
旧多良海道は直進する 標高383.5m

峠の道を右折して上矢答に向かうと 集落の上部に新しく「矢答展望所」が開設された
今回は全コース徒歩なので 次回は車で登ってみようと思う
<Prev・肥前浜宿    TOP   Next・矢答−多良>