長崎街道脇往還 多良海道 肥前浜宿

肥前浜宿は浜川の河口につくられた在郷町で 少なくとも中世期の室町時代には町として成立していたとされる
江戸時代には長崎街道脇往還の多良海道(多良往還)の宿場町として また有明海に望む港町として繁栄した
また 多良岳山系の良質な水と佐賀平野の米に恵まれたことから  江戸時代より酒造業が盛んとなった
その他これに加え明治以降は水産加工業も隆盛を極め 富が蓄積されることで豊かな街並みが形成され
今なお伝統的景観を色濃く残している これらの建造物群は伝統的建造物が中心となって  江戸時代後期から
昭和初期にかけての土蔵造りや茅葺町家が立ち並ぶ中 明治大正時代の洋館なども散見され
変化に富んだ街並みとなっている そして肥前浜宿は現在でも九つの地区に分かれている
江戸時代から業種ごとに住み分けしていた名残で 旧街道沿いに商家町・漁師町・下町・田園風景など
雰囲気の異なる風景が広がる それらの町並みは多良海道と浜川に沿って広がっており
その骨格は 海道筋を主軸とする街路と河川 及び そこから引き込まれた水路を構成要素として成立している
町並みの主軸をなす街路は  鹿島から多良へ向かう多良海道で 浜新町・大村方・ハ宿・中町を通り
浜川を渡って南舟津・庄金に至る 「酒蔵通り」と呼ばれ今なお酒蔵が残る浜新町から中町にかけては
町家の奥行きが深く 街道の両側に町を形成している これは生活用水や産業用水を得るために
水路が引き込まれていて 川岸に背を向けながら街道筋に街並みが拡大されたものと考えられる
上流という河川の利用形態が左岸の中町・八宿 右岸の野畠ともに街道筋に沿って広がったのに対し
下流では左岸の北舟津 右岸の南舟津とともに 町並みは河岸に沿って広がり 宅地の奥行きは比較的浅く
河岸に向かって開かれている これは河川を利用した物流という業態を表している
img
南舟津の「庄金」とは 庄津町の庄と金屋町の金をとった名前である
浜庄津町は商人や船乗りが住む港町 浜金屋町は鍛冶屋や大工などが住む職人町で
佐賀長崎を結ぶ陸と海の交通拠点でもあった 江戸時代には「浜千軒」と言われるほどの 賑わいをみせ
鹿島藩最大の商工業の町として栄え 今も茅葺きと桟瓦葺きの町家が残るまちなみである
平成18年(2006年)「浜中町八本木宿」と「浜庄津町浜金屋町」が
国の重要伝統的建造物群保存地区に選定された
肥前山口六角道追分−肥前浜宿
imgimg
鹿島市浜町新町 西向き佐賀側
鹿島市浜町新町 東向き長崎方向
img
若宮神社(若宮社)
ドミニコ会が肥前に初めて建てた教会跡である。
慶長12年(1607)カトリックのドミニコ会修道会は藤津郡浜町に、肥前で最初の教会ロザリオの聖母堂を建てた。
三名のスぺイン宣教師達は、追放される慶長十八年(1613)10月8日まで布教活動を行った。
その結果、多くの人々がキリスト教にこころを揺り動かした地である。
平成4年5月吉日
大村方区民一同 肥前キリシタン研究会
img
飯盛酒造場 国登録有形文化財
鹿島の酒造りに関し、確認できる最も古い記録は貞享2年(1685)の「鹿島志」です。
ここ浜町で酒造りが盛んになったのは元禄年間(17世紀末)からといわれています。
安永2年(1773)の「鹿島藩日記」には領内で酒屋を許可された地区として、
鹿島町(北鹿島 本町)辻宿・石木津宿・ハ本木宿(現在のハ宿)浜宿・行成村・山浦村等がありました。
img
<文化遺産オンライン>
建築年:大正時代(1912-1925) 木造2階建 瓦葺 建築面積347平方メートル 1棟
飯盛酒造株式会社 登録有形文化財(建造物)
旧長崎街道多良往還に北面して建つ、間口10間半の木造2階建。入母屋造、桟瓦葺で、
東側土間部の外壁は塗屋造、西側の居室部は真壁造とする。居室部は1階が2列6室、2階は10畳3室で、
それぞれ表裏に縁を設ける。土間の背面南側には釜場が接続する。

国選定 重要伝統的建造物群保存地区 旧乗田(のりた)家住宅
(鹿島市重要文化財)
【指定日】平成17年10月7日 【所在地】鹿島市古枝字寺角甲115番地
旧乗田家住宅は、鹿島鍋島藩に仕えた旧武士である最所家の住まいであり、その後に乗田家の所有となりました。
建築年代は19世紀初期と推定され、建物の改変も少なく、建築当時を理解しやすい保存状態です。
佐賀県に特徴的な「クド造り」の屋根形状であり、
ザシキや式台のように質実で地方武士らしい表空間が見られます。
また、旧多良海道裏手の閑静で広い敷地に立地し、住居の中で養蚕を行っていたことも推定されます。
この住宅は、浜中町ハ本木宿伝統的建造物群保存地区内の建築物の中で、鹿島鍋島藩の武士の生活状況を
良く伝えており、鹿島市における在郷町(昔の地方都市)、
かつ宿場町に残る数少ない武家屋敷の遺構でもあります。
なお、この住宅の保存修理は、平成16年12月に東京在住の方から寄付をいただいたことで実現し、
平成19年2月に完工しました。
img imgimg imgimg

継場(つぎば)
江戸時代の浜宿は、佐賀平野の最南端に位置する港町で、海路を通じた人や物資の流通が盛んでした。
また旧多良海道の宿場町としても栄えていました。「継場」は、様々な荷物を宿場から宿場へつなぐ場所で、
「問屋」とも呼ばれていました。この建物は江戸時代のもので、入口には馬の手綱を繋いだ鉄の輪も
残っています。また、内部には帳場の跡や人足が控えていた部屋などもあります。
img
「継場」二階の人足部屋

浜郵便局跡(八宿公民館)
明治時代になると、政府によって郵便制度が敷かれました。浜郵便局の開局は明治18年(1885)で、
藤津郡内では嬉野局に次いで2番目でした。現在公民館となっているこの建物は、昭和12年(1937)に造られ、
昭和50年まで郵便局として使われました。なお、現在の地名「ハ宿」は、
「ハ本木宿」(昔は八本木村と呼ばれていた)という地名が短くなったものです。
img img
浜郵便局跡と山口宗昭家住宅(山口醤油屋)
山口家は鹿島藩士の名簿(着到帳)にも記されている元武士階級で この住宅は19世紀中頃に遡る建築物であり
この通りでも古い建物の一つに数えられる 二階建で入り母屋形式の土蔵造りで妻入りになっていて
内部は元武士の屋敷らしく格式が高い造りになっている この辺りは古い街並みが連続して良好に残り
昔の面影を色濃く残している
imgimg img imgimg img img imgimg
imgimg
img img
食の蔵「八本木」
img
呉竹酒造
肥前浜宿の酒造業は、昭和初期に最盛期を迎えました。昭和8年(1934)に建てられた呉竹酒造の母屋と土蔵は、
当時の経済力を反映して、ケヤキ等の「各地名材」を使用し、共にこの通りでも最も大きいものです。
現在、酒造りは行われていませんが、広い酒蔵の土蔵を利用して、コンサートや講演会、展示会などの
多彩なイベントで活用されています。
img
魚市場
戦前は魚問屋の建物で、戦後は魚市組合となり、浜地区はもとより鹿島市内や遠くは武雄の仲買人が来て、
毎朝非常に賑わっていました。当時は浜に「かまぼこ屋」や「魚屋」が多く、年々売上も増加し
昭和37年には株式会社となりました。その後手狭になったことから、昭和39年に新浜町に移転し、
この通りから、威勢良いセリ声は聞けなくなってしまいました
img
酒蔵通りの東詰にある峰松酒造場
imgimg
「浜町の道路元標」
石造物のーつに「道路元標」と呼ばれるものがあります。道路元標は慶長9年(1604)に、
東京の日本橋に全国に通じる街道の出発点として設置されたのが始まりといわれています。
その後大正9年(1920)に制定された、旧「道路法施行令」に基いて、大正11年(1922)に
当時の各市町村に1ケ所ずつ、国道や県道の起点や終点、道路の距離を測る基準点として建てられました。
当時の鹿島市は、鹿島町(鹿島)・鹿島村(北鹿島)・能古見村(能古見)・古枝村(古枝)・浜町(浜町)
七浦村(七浦)に分かれていたので、6ケ所に道路元標が建っていたことになります。
全国の道路元標を調べると、建っている場所は街道の交差点であったり、役場の前であったり、
村の広場であったりと様々です。浜町の場合は、江戸時代から多良街道と浜の湊が交わる場所として、
高札場が設けられていた場所と考えられます。
現在、道路元標はその役割を終え、道路法上は「道路の付属物」に定められているにすぎません。
全国的にも残っている数が少なく、非常に貴重なものです。
img
浜川 対岸は浜庄津町浜金屋町の重要伝統的建造物群保存地区
肥前浜宿の中で、浜川右岸に広がる町並みです。現在の地区名は江戸時代の町名「庄津町」と「金屋町」の
頭文字を採り合わせ「庄金」と呼ばれています。金屋は鍛冶屋、庄津とは船頭のことで、
江戸時代から商人や船乗り、鍛冶屋や大工が暮らし賑わっていました。
細い路地と、茅葺きや桟瓦葺きの町屋が密集した町並みが特徴で、港町・下町情緒が漂います。
img img
南舟津・浜庄津町
imgimg
浜庄津町の裏路地
浜庄津町の多良海道
img
浜金屋町の多良海道
img
多良海道と復元された茅葺の町家
img
茅葺の町家と多良海道
imgimg
多良海道標識
img
町家の間を流れる水路
くど造りの茅葺民家
img imgimg
貞亨4年建立 夷三郎の祠(夷三郎の文字のみ)
一里塚跡の辻 街道は右へ
imgimg
辻の恵比須像
道は国道を横断し多良岳へと登って行く
<Prev・塩田川−鹿島    TOP   Next・浜−矢答峠>