長崎街道脇往還 多良海道

多良海道の道程は 長崎街道の肥前山口(小田宿の手前)から始まり 間の宿の六角・高町を通り
竜王峠を越えて 佐賀鹿島藩の城下である鹿島を経て山口より約22kmの道程で一宿目の肥前浜宿に至る
浜宿からは 経ヶ岳山腹を標高383mの矢答峠まで登り詰め その後 二宿目の多良宿まで一気に下る
峠にある矢答は古くから集落が形成され 間の宿の役目もしていたと思われるところである
 肥前浜宿から多良宿までは その距離が約15kmと短いが 高低差380mの険しく寂しい道筋であった
  多良宿から湯江宿までは多良岳の東部山麓を通る これも山道で標高300から400m程度の高原ではあるが
湯江宿及び多良宿伴に海辺の町であることを思えば 高低差の大きい険しい道程であることには違いない
この間に 小長井町遠竹にあった山茶花の茶屋は 標高380mの位置にあった
湯江宿からは起伏のある内陸部を通り 約15kmで長崎街道永昌宿(諫早)西の追分に至り本街道と合流する
この多良海道は 地形上非常に険しく寂しい道で 追い剥ぎや盗賊が出没し治安的にも良いとはいえなかった
佐賀藩は長崎に近いため 福岡藩と1年交代での長崎勤番を命ぜられていたが その負担は大きかった
故に 長崎への移動には 通常佐賀から諫早まで有明海の引き潮を利用し筑後川から下る海路を使い
日程を三分の一程度に縮めていたとされ 潮目などによる非常時や藩士の少人数による移動等に限り
陸路を使ったと思われる 同じく  商人や一般旅人は 険しい山道を敬遠し佐賀から海路を竹崎にとり
竹崎から陸路を伝い湯江宿に向かった  脇往還の多良海道は別名「浜通り」「浜往還」「諫早街道」など
多くの名称がある また 竹崎から湯江に至る街道は「たけざき道」「竹崎街道」などと呼ばれていた
肥前山口六角道追分−肥前浜宿
imgimg
追分の恵比須
追分三差路
imgimg
斜め向こうにも恵比須(?)
新宿橋を渡る
imgimg
旧国道の新宿交差点
34号バイパスの東分交差点
imgimg
江北町大字山口字東分 庚申塚と地蔵堂
江北町大字山口
imgimg
古川の渡し場
古川の対岸・江北町大字下小田より見返り
imgimg
国道を横切る
江北町大字下小田字東区
img
肥前の名峰・標高1046.1mの天山を振り返り見る
imgimg
地蔵堂
江北町大字下小田字南郷
imgimg
猿田彦大神(庚申)と国道・下小田交差点
六角川堤と旧街道
imgimg
不動明王と水神(・・・と思う?)
六角川の渡し場(六角橋下流)
img
六角橋から見た六角川 河口まで11.2kmある
imgimg
対岸の白石町大字東郷にある金比羅宮
六角橋南詰の地蔵と恵比須
imgimg
白石町大字東郷
角の不動明王
imgimg
曹洞宗 明稿山 新光寺
白石町大字東郷 延命地蔵尊と多良海道
imgimg
六角神社
元は文治3年(1187)創建の天満宮
imgimg
白石町大字今泉 六角郵便局の地蔵
白石町大字廿治 変電所角を右へそしてすぐに左折
imgimg
白石町大字廿治字江越 地蔵堂
白石町大字廿治字江越 地蔵堂
imgimg
白石町大字廿治字吉村
imgimg
白石町大字辺田字六ケ里 地蔵堂
白石町大字戸ケ里 高町宿
imgimg
高町辨財天
稲佐神社一の鳥居と多良海道
imgimg
稲佐神社一の鳥居
有明西小学校南 「錦江のイボ地蔵」
imgimg
今橋
大字深浦字室島(むるしま)放生池畔の石塔群
img imgimg
天文7年(1538)建立 六地蔵塔
大権現放生池の石碑
img
国土地理院の標高図  @ いぼ地蔵 A 彦嶋神社と放生池跡 B 竜王峠 C 長浜の渡し
imgimg
彦嶋神社(彦嶋大権現社)鳥居
竜王峠(有明南小学校)
imgimg
峠の御堂
御堂前の多良海道
imgimg
深浦天満宮 石祠に弘化三丙牛年(1846)の文字
深浦東分 階段の下り道
imgimg
峠下 観音祠堂
深浦西分 聖観音堂(平安後期の像)
imgimg
聖観音堂の西 深浦天満宮
白石町大字深浦字百貫 地蔵堂と多良海道
imgimg
清水(しょうず)跡 昭和36年まで飲料水として利用
金刀比羅宮(海童神社合祀)
img
金刀比羅宮前の「百貫の渡し場跡」 鹿島へのショートカットとして利用された
imgimg
白石町大字深浦字古渡 御堂と多良海道
古渡の集落
imgimg
長浜の渡し場跡 地蔵堂
渡し場跡の「水神・山王」碑
img
対岸は鹿島市大字森 取水門の所が上陸地 5基の石碑が見える
 TOP   Next・塩田川−鹿島>