西国街道(山陽道) 御着宿−姫路城下
高麗橋より 約25里13丁(99.6km)

姫路は播磨国の中心に位置し 古代より山陽道の要衝として栄え 奈良時代には国府が置かれた
鎌倉時代以降は播磨守護大名の赤松氏の支配下にあり 南北朝時代に姫山を縄張りして城を築き
後に姫山城とした 室町時代に赤松氏が滅亡し 但馬を本拠とする山名氏が守護となったが
応仁の乱後 再興された赤松氏が山名氏から播磨国を取り戻し 姫山城に本丸などを築いた

文明元年(1469)赤松則村が 新たに築いた置塩城に本拠地を移し 一族の小寺豊職が城代となった
延徳3年(1491)嫡男の政隆が城代になり御着城の築城を開始 永正16年(1519)に御着城に本拠地を移し
小寺政隆の子・則職が姫山城代になったが 天文14年(1545年)則職が御着城に移り
家臣の黒田重隆・職隆父子に城を預ける 永禄10年(1567)に職隆の子・孝高(黒田官兵衛)が城代となった
天正4年(1576)織田方の羽柴秀吉が播磨を攻め 織田方の勝利によって毛利方についた小寺氏は没落したが
小寺政隆に織田氏への帰順を説いた黒田孝高はそのまま秀吉に仕えることとなった
天正8年(1580)孝高は播磨平定を終えた秀吉に姫路城を献上し 秀吉は約一年を掛け姫路城を大改造して
近世城郭に改め石垣で城郭を囲い天守を建築し 名前も姫路城とした 同時に城の南部に大規模な城下町を作り
姫路の北を通る山陽道を 城南の城下町を通るように改め 姫路を播磨国の中心地となるように整備した
秀吉は 天正11年(1583)に大坂城へ移り 姫路城には弟の秀長が入ったが 天正13年(1585)には
大和郡山へ転封 姫路には木下家定が入った 慶長5年(1600)池田輝政が15万石から52万石への加増で
姫路城に入城し播磨一国支配となって姫路藩が立藩された 以降姫路藩は 幕府から豊臣系大名の多い西国を
牽制することが命題とされた 輝政は8年掛かりで大改修を施し広大な城郭を築いた
元和3年(1617)池田家藩主が幼少で「西国大名牽制の命題に答えられること敵わず」として転封される
同時に石高も52万から15万石に厳封され 小藩及び天領が旧藩領内にひしめくこととなった
以後 寛延2年(1749)に酒井忠恭が前橋から姫路に転封するまで 同じ理由で9家22代が藩主の座に付き
目まぐるしく転封が繰り返された 酒井家は明治維新まで10代の支配を続けた 廃藩置県後は姫路県となり
すぐさま飾磨地方の諸県と合併して飾磨県となるが 明治9年(1876)に飾磨県は兵庫県に併合された
姫路城下旅籠町 所在地:兵庫県姫路市福中町 <御着宿より 約1里24丁半(6.6km)>
img
文化3年(1806)の姫路城下絵図
江戸時代から明治大正を経た古い町並みは 第二次世界大戦集結間近の昭和20年(1945)6月22日に
播但線京口駅西にあった川西航空機姫路製作所を中心とした爆撃と 7月3日の地全域に焼夷弾が降り注いだ
無差別爆撃による二度の空襲により灰燼と帰した 火の手は姫路駅前から上がり 順次周辺へと拡大して
町は火の海と化し中心部を主に総戸数の40%が焼失し 累計による死者数514人 被災者55402人を出した
姫路城は天守に命中した焼夷弾が不発で発火せずに 偶然に焼失を免れた
旧天川橋
姫路藩が文政11年(1828)に旧西国街道の天川に架橋した総竜山石製の桁石橋
全長:26.6m 幅:4.45m 高さは約5mで橋脚は5本 石工は印南郡石工瀬助と仲右衛門である
橋の東北詰めに高札場が設けられていた 昭和47年9月9日の出水で中央部橋脚が崩れ橋桁が落下したため
撤去され 昭和53年10月に御国野公民館隣接地に移設保存された 高さは地形に合わせて低<してある
移設地中央部の低いところは御着城の濠跡である 欄干には 儒者近藤顧一郎撰の銘文が刻まれてある
imgimg
imgimgimg
在りし日の天川橋
欄干の銘文
img
中国工程記 天川−姫路城備前門橋
imgimg
橋を渡って御国野町御着
御着駅 山陽鉄道・明治33年(1900)4月に開業
imgimg
山陽本線と新幹線を遠望
新幹線を潜り 工場の角に道標と旧山陽道の標識
imgimg
御国野町西御着 西国街道(旧山陽道)
国分寺参道跡は線路に遮られている
imgimg
御国野町西御着 御着村の一里塚跡
img
四郷町(しごうちょう)山脇 瓦葺白壁土塀の家
imgimg
旧山脇村の西国街道(田圃道)
道標のある県道517号妻鹿花田線との交差点
imgimgimg
正面:菩薩坐像と 右やかぢぞう 是より一り 左面:右ヒメジ 左神戸
安政六年 正月吉日施主伯州汗? 国?(?は地中)
八家地蔵(やかじぞう)は 景勝地である小赤壁東の海岸近くの砂州で繋がった岩場に建立された
鎌倉時代の地蔵菩薩半跏像で現在の住所は 姫路市的形町福泊となる
本来は航海安全の祈願として祀られたが いつしか子宝地蔵として信仰を集め遠方からの参拝者も多かった
江戸時代に書かれた「播磨名所巡覧図絵」にも記載がある 江戸時代まではお堂もなく露天ざらしであった
img
四郷町山脇の西国街道
img
四郷町山脇の西国街道 左側は古社印鐸大神社のある山 右側は花田町一本松
imgimg
中国工程記に記された「題目石」
市川に沿って北へ曲がる街道
imgimg
山陽本線のガードを潜る
国道2号線一本松交差点
imgimg
五霊天神社にある道 明治36年建立
市川橋の北 一本松の渡し場跡

播摩名所巡覧図絵 市川
江戸時代に橋は架かっておらず 西国街道の渡し場は一本松にあった 渡し場には姫路藩御伝馬船が1艘と
渡し守が12人いたと伝わる 渇水期には渡し場の上手に板の橋をかけて渡った
img
img
明治8年(1875)に木橋が架かるまで渡しは続き道標が設置された明治36年にはすでに橋があった

明治41年(1908)6月には一本松より東郷町へ通じる国道に延長490m余の鉄橋が架けられた

その鉄橋は当時兵庫県下で最長の橋であった
現在の橋は 昭和16年(1941)内務省によって
架け替えられたものである

<左>
安政6年 二代目歌川広重作「諸国名所百景」
「播州姫路 市川渡し」
また  中国工程記には
「此市川広サ弐百間程有、東地ニ広キ河原有、地水之間四十間程有、船渡リ」とある

imgimg
市川橋西詰からみた市川
市川橋西詰交差点 右へ
imgimg
道路の東側は消滅 駐車場の南が西国街道入り口
京町一丁目
img
京町一丁目 卯建のある黒壁の旧家
imgimg
卯建の屋号
土蔵
img
京町二丁目
imgimg
室町期の石棺仏がある地蔵院
大善町を過ぎ国道の交差点直進 突当りを右
imgimg
姫路城の標識のある大通りを西へ
京口台交差点・播但線ガードを潜り綿屋角を右へ
imgimg
京口町 1つ目の角を左に曲がる
外堀川と京口橋・光蓮寺・京口門跡 
imgimg
現代の番所とも言える京口交番
国府寺町
imgimg
奥行きの長い典型的な町家建築
国府寺町の一角
imgimg
大黒壱丁町を左に曲がって坂田町
圓證寺
imgimg
元塩町通り
二階町商店街東口

二階町・西二階町・福中町を通る繁華な商店街筋は  秀吉が定め その後も徳川幕府に引き継がれた
西国街道ではない 外濠に近い綿町・本町・坂元町を通る道が公儀の定めた街道筋であった
元和3年(1617)年に姫路城主となった本多忠政が 寛永年間に中堀の浚渫を行ったが
工事で排出された泥土の処分に困り坂元町の街道筋に敷いたため 馬や人の往来に支障をきたした
大半の旅人は 俵町(現:西二階町)に迂回し備前門に向かったという
後に 旅人は二階町から福中町へ抜ける道筋を通るようになって福中町に旅籠が立並び 備前門も福中門と
改称されるほど繁華なメインストリートとなった 中国工程記にもこの道筋が太く描かれている
一方  北の西国街道は寂れたが 長崎に向かう役人が往来したと言われ 本陣の門も北向きであった
imgimg
大手門筋から西国街道の綿町を見る
西国街道の本町通り 左角は国府寺家本陣跡

西二階町は慶長5年(1601)の池田輝政による町割りで誕生した町人町で 古二階町・東二階町・中二階町が
あった 名前の由来は古二階町付近の高尾格子という所に 初めて二階屋が建てられたことから
img
二階町商店街
img
大手門通
img
西二階町商店街
img
旧旅籠町の福中町
備前門(福中門)
姫路城は外曲輪から城外に備前門・飾万門・北条門・外京口門・竹ノ門が開かれていた。
備前門(備前口門)は西に西国街道、南西に室津道、飾万門(飾磨津門)は姫路城外港の飾磨津までの飾磨街道、
北条門は妻鹿(めが)・松原道、外京口門は東に西国街道、東北に丹波道、竹ノ門は東に丹波道が通じていた。
備前門は東の外京口門から城内外曲輪に通じる西国街道の西の出入口として備前に向かうことが
名称の由来であるが、酒井家当主は代々四品(しほん)の雅楽頭(うたのかみ)に叙任され、
酒井忠道(ただひろ)が隠居後に主計頭(かずえのかみ)、次いで文政5年(1822)備前守と
改称したことにより藩は触れをもって備前の字を避け福中門とした。
img
外堀川と備前門橋跡
imgimg
img
imgimg
備前門橋跡
フェンス外謎の石碑 酒井?万位?
 TOP