六騎塚

南北朝時代の延元元年(1336) 児島高徳の父範長主従六人の自害を弔って建立したと伝えられている。
亀趺(きふ)とよばれる亀形の台上に碑が建てられており、正面に「備後守児嶋君墓」
裏に「嘉永三庚戊年五月十九日左和田清左衛門範一建之」と刻されている。
『太平記』巻十六によれば、延元元年足利尊氏が大軍を率いて九州から東上して<るのを備後守範長が迎え撃ったが、
戦いに敗れ、最後に主従六騎となり、阿弥陀宿の辻堂で自害したという。
平成11年9月 姫路市教育委員会
img
江戸時代中期以降の国学及び尊王思想の広がりに触発され建立されたものである
img
播磨名所巡覧図絵 六騎武者の塚