石の宝殿(いしのほうでん)

兵庫県高砂市宝殿山山腹にある生石(おうしこ)神社の御神体として祀られる人工の巨石で
鎮の石室(しずのいわや) 天の浮石(あめのうきいし)または単に浮石とも呼ばれる
幅6.4m 高さ5.7m 奥行き7.2m 推定重量は500トン超とされる
銘石の「竜山石」として知られる凝灰岩によって形成された岩山の中腹を削り残して作られ 三方は同様の岩盤に囲まれている
下部の岩盤は大きく窪んで池の様になっている 社伝によれば この池は旱魃時にも枯れず 水位は海の潮位と連動すると伝わる
「浮石」の由来は わずかに岩盤と繋がる底部中央が死角となって 巨石が池の上に浮かんでいるように見えるためである
学術的には 製作者及びその目的について現在においても謎のままであるが 『播州石宝殿略縁起』によれば
「神代の昔 大穴牟遅と少毘古那が国土経営のため出雲からこの地に至り 石の宮殿を造営しようとして一夜のうちに
二丈六尺の石の宝殿を作ったが 当地の阿賀の神の反乱を受け それを鎮圧する間に夜が明けてしまい
宮殿は横倒しのまま起こすことができなかった 二神は 宮殿が未完成でもここに鎮まり国土を守ることを誓った」とあり
他に 南北朝時代の『峯相記』では 「天人が石で社を作ろうとしたが、夜明けまでに押し起こすことができずに帰っていった」と
また 8世紀初頭の『播磨國風土記』の印南郡大國里條にある記述には
「原南有作石 形如屋 長二丈 廣一丈五尺 高亦如之 名號曰 大石 傳云 聖徳王御世 厩戸 弓削大連 守屋 所造之石也」
(原の南に作り石あり。形、屋の如し。長さ二丈(つえ)、廣さ一丈五尺(さか、尺または咫)、高さもかくの如し。
名號を大石といふ。傳へていへらく、聖徳の王の御世、弓削の大連(ゆげのおおむらじ)の造れる石なり。)
とあるが 「聖徳の王」は聖徳太子「弓削の大連」は物部守屋と考えられ 日本書紀によれば 太子の摂政時代には物部守屋は
すでに存在しておらず この記述は矛盾をはらんでいるとされている
江戸時代末にシーボルトが訪れ 詳細な3枚のスケッチを残しており 著書『NIPPON』の第一冊目に収録されている
imgimgimg
シーボルトによるスケッチ図
img
播磨名所巡覧図絵