西国街道(山陽道) 明石−土山

明石市大道町にある西国街道と国道175号の和坂1丁目交差点を過ぎると 加古川市野口町坂元まで
標高10から30m程度の台地上を街道は通過して行く 街道の 大久保段丘上における最高地点は
明石市魚住町長坂寺・県道379号岩岡恵住線交差点の標高45.5mとなる この丘陵地は
印南野(いんなみの)台地の南端にあたり 大久保低位段丘と呼ばれ 瀬戸川や赤根川などの小流により
土砂が堆積したものである 地層が粘土質+砂利質によるため地表水に乏しく また地下水が深いため
近世まで未開発のままであった 海岸部には播摂五泊のーつである魚住泊が漁村として発達してはいたが
内陸部を通る山陽道とは離れており 人家のない荒涼とした草原が広がっていた
しかし江戸時代に入ると 寛永12年(1635)に 西島・中島・森の三ヶ村により農業用溜池として
寛政池が造成されたのに続き多くの灌漑用溜池が造られた このような新田開発により大久保は一躍米処となり
ここで作られた明石米は最上級とされるまでに至る 海運の良い浜辺では この良質の米を用いて酒造も行われ
灘と比して「西灘」と呼ばれる酒の生産地となった 赤根川下流域には 現在も数軒の酒造会社が存在する
現在の山陽道である国道2号線は 旧市街地を避け新たな道として造成されてきたため
西国街道は旧国道として拡幅されたものの 生活道路として存在し続けることが出来た
故に 明治以降 急速に経済発展してきた区域にもかかわらず 西明石駅周辺の一部を除き
そこはかとなく 旧街道の面影を好ましく醸し出している
<参考文献:北海道教育大学・酒井多加志 兵庫県明石市西部の溜池灌漑に関する研究>

2016.12.07 明石市和坂1丁目の国道175号線交差点から西明石駅まで
嘗ては和坂を「蟹和坂=かにがさか」と呼んでいたが 江戸時代初期に明石藩が 蟹和坂の蟹を省略し
「和坂」としたが その後も読みはそのまま「かにがさか」と読んでいた 明石市営バスが「和坂車庫」を新設し
「わさかしゃこ」と呼んだため  現在では「わさか」を正式な地名読みにしてしまったという経緯がある
ただ今でも「和坂」は蟹伝説から由来しており 「かにがさか」と読むべきものであるという意見もある
現在も山陽本線の敷地を有する和坂(大字)は 「かにがさか」を正式読みとする
また Googleの日本語入力で「和坂」と入力すると「かにがさか」と読みが出る
和坂は 広大な印南台地の東口の難所と古くから伝わり 茨の茂るほそみちで追い剥ぎが出没する所であった
この細道が改修されたのは大正8年(1919)で 大正天皇と皇太子が和坂周辺で行われた陸軍大演習観閲の時で
道路が拡張され側溝まで作られた しかし 下に「荷車の押し屋」がいたほどの傾斜は変わっていない
imgimg
国道179号線・和坂1丁目交差点
かにがさかのお大師さん 坂上寺(ばんじょうじ)
imgimg
安永9年(1780)建立 大師舊(旧)跡の碑
和坂
imgimg
和坂1丁目
和坂2丁目 ?屋敷
imgimg
和坂2丁目の地蔵堂
和坂2丁目の土蔵
imgimg
西明石町5丁目で国道2号線と合流
松の内交差点から左の側道へ
imgimg
明石市和坂(かにがさか)
西明石駅前交差点

2017.04.14 西明石駅前−土山
imgimg
明石市小久保2丁目の地蔵堂 背後は山陽新幹線
街道は山陽新幹線西明石駅で消滅
imgimg
新幹線北側 小久保2丁目
栽松寺(江戸時代は庵)の古井戸
imgimg
三社神社 「子を抱く狛犬」の子宝神社
街道は生鮮&業務スーパー敷地に
img
明石市藤江 国道2号線北側の旧街道
img
江戸時代に造成された雲楽池(くもらがいけ) 夏は蓮の花が綺麗である
以前は青池やカケノ池・割池なども見られ 松林が広がる中に六軒の茶屋があったというが
雲楽池の他は全てなくなり松林も消滅してしまった
imgimg
明石市藤江 街道と国道2号線の交差地
明石市大久保町森田
imgimg
森田・住吉神社
橋本医院の桜
imgimg
大久保町大久保 谷八木川までの下り坂
大久保住吉神社 東住吉講の布団太鼓小屋
imgimg
大久保の地蔵
本陣安藤助太夫跡 駅前マンション群を遠望

間宿である大久保に本陣が設けられたのは 慶長年間のことで播磨国領主・池田輝政の時代である
明石藩松平信之の時代には 本陣・安藤助太夫 脇本陣・林屋与兵衛となっている
脇本陣の林屋は本陣の向にあり 現在の本陣邸宅内に「大久保本陣跡」の石碑があるらしい
幕末には 80軒余の商家が街道筋にあり その内十数軒が旅籠で「丸屋治右衛門」が大きく有名であった
明治21年(1888)に山陽鉄道が開通し 交通体系の変遷により宿場は寂れていった
imgimg
土蔵
西住吉講の布団太鼓小屋
imgimg
明治天皇大久保御小休所建物の碑
移築された南側の明治天皇御小休所建物
img img img
この洋館は 本陣・安藤家の新太郎が大正8年(1919)に 出身地である大久保に 自身の余生をおくるため
建てた洋風建築物である しかし 建物の完成を見ること無く 大正8年2月13日に急逝し
この建物内で葬儀が営まれた後 現在まで約100年の間空き家として放置されたままなのである
新太郎は 明治元年に庄屋の橋本家に生まれ その後本陣を営んでいた安藤家の養子となった
しかし 本陣は明治3年(1870)に廃止され村役場となった 明治22年に明治法律専門学校(明治大学)卒業後
海運会社勤務を経て 明治36年より衆議院議員を務める 辰馬汽船・浦賀船梁の取締役にも就任したが
政界引退後は故郷への思いが強く邸宅の新築にかかった 建築設計は加護谷裕太郎 外壁は重厚な総石造り
屋根はマンサード・ルーフで緑色のスペイン瓦で葺かれており 大きな三連の丸窓が特徴的である
ポーチは ふくらみを持ったルネッサンス様式の柱で支えら 当時では最先端のハイカラ建築であった
明治18年(1885)に 明治天皇が西国巡幸をされた際に休まれた建物(木造書院造り)は
元は本陣安藤家にあったものを 洋館建築時に記念館として移築したものである
<大久保町案内図>
imgimg
大久保駅前1丁目の大久保村道路元標
大久保駅前1丁目の地蔵
imgimg
県道380号線に突き当たり消滅 交差点に道標
魚寿み 中尾 左リ住吉社二見道 濱谷 西岡
imgimg
江井島 是ヨ里 播磨八拾八ケ所 森 柳井
富士通工場前から振返る 動物病院の向こうが街道
imgimg
明石市大久保町西脇 コカ・コーラ明石工場西側
明石市魚住町金ケ崎
imgimg
金崎神社(黒石神社)鳥居
明石市魚住町金ケ崎
imgimg
「左大山寺道 」の参詣道標が立つ金ケ崎接畑三差路 太山寺まで15.4km(約4里)の道程
imgimg
真宗大谷派 天光山 正覚寺
明石市魚住町金ケ崎
img
亥ノ池
imgimgimg
長坂寺の古前中池 坂の上に道標
小式部内侍之松       魚住之太子道
img
長坂寺の旧家と桜
imgimg
長坂寺の地蔵
県道379号交差点 標高45.5m
imgimg
明石市魚住町清水 長池の地蔵
明石市魚住町清水 浜西神明神社
imgimg
地名長池の由来元 長池 元は長さ300mあった
小学校敷地で分断され 北側も埋立てられた
imgimg
日向堂は藩主松平日向守信之の威徳を偲び建立
焼き麩製造の永井商店
imgimg
長池の井戸 近くに茶屋と長池本陣があった
明石市魚住町清水742-11 謎の石柱
img
魚住町清水 旧家の大屋根
imgimg
魚住町清水998 瀬戸川への下り坂
共同墓地内の五輪塔

兵庫県指定文化財 (昭和五十三年三月十七日)
建造物「石造五輪塔」
地輪に「貞和ニ年ニ月時正」(1346) の銘が彫られている2m近くある石塔である。
貞和というのは南北朝時代の北朝方の元号、時正は彼岸の中日を意味する。
全体にどっしりした落ち着きをもち、水輪のふくらみや火輪の反転に豊かな美しさをみせる。
建武中興など、打ち続く戦乱の犠牲者を弔う供養塔として建てられたものと思われる。
兵庫県教育委員会 明石市教育委員会
imgimg
清水神社 明治以前は王子権現宮と呼ばれていた
江戸時代初期の明暦2年(1656)の創建 古くからこの地に祀られていた帝釈天と
他の村から勧請した王子権現を合祀したのがはじまりと言われている
石灯籠には 宝暦9年(1759)と明和5年(1768)戊子年の銘が見られる
祭神は第21代雄略天皇の迫害を逃れてきた二人の王子 後の第23代顕宗天皇と第24代仁賢天皇及び大己貴命
imgimg
西福寺角の地蔵 「右 あかし道」の刻字あり
地蔵の前にも道標

この道標は「道しるべ」というより 名所旧跡の観光案内の要素が強い
imgimgimg
明石側面「左 別府手まくらの松 をのへの可年 高砂相生末川」
「別府手まくらの松」は 加古川市別府町東町の別府住吉神社境内にある松で 横に傾き 腕枕のように
見えることから 別府出身の俳人・滝瓢水(たきひょうすい)が「手枕(たまくら)の松」と名付けた
初代の松は大正末期に枯れ 現在の松は3代目である 「をのへの可年」とは「尾上の鐘」のことで
加古川市尾上町長田にある尾上神社の 国重要文化財の「朝鮮鐘」のことである 「高砂相生末川」とは
「高砂相生の松」の意味で 高砂市高砂町にある高砂神社の「相生の松」のことである
江戸時代に3代目の松が植えられ 大正13年に天然記念物に指定されたが 昭和になって枯死し
現在の松は5代目である  雌株と雄株の二本の松が寄り添い生えることから
松の「長寿」と相生の「夫婦和合」を象徴しており  謡曲「高砂」はこの「相生の松」を謡ったものである
<加古川観光協会 wikipedia>
街道側面「是よ里 はり満名所道」 枝道面「右 岩岡 安かし道」
imgimg
瀬戸川橋
清水共同墓地の六地蔵
imgimg
清水新田 宝篋印塔
清水新田 延命地蔵尊

清水新田 宝篋印塔 (ほうきょういんとう)
清水新田宝篋印塔は江戸時代後期(18世紀後半から19世紀半ば)に建立されたと考えられています。
江戸時代、このあたりは西国街道と呼ばれる街道があり(現在の市道魚住30号線)、
往来する旅人が数多くいました。江戸時代の旅では旅の途中で命を落とすことも珍しくなく、清水新田の地で
行き倒れとなった旅人も多くあったようで、行き倒れとなった旅人を供養し、地域に災いが起こらないようにと
清水新田の人々がこの地に宝篋印塔を建立したのではないかと言われています。
以前は現在の位置から約30メートル東北東の位置にありました。幾度か場所や形を変えてきたようですが、
老朽化が進み倒壊寸前の状態にあり、現在地の財産区墓地の整備を契機として、
現在の位置に移設する事となりました。そして、平成23年8月から移設作業が開始され、
移設作業と同時に老朽化が進んでいた石塔の修復作業がおこなわれました。
移設作業の際には石組土台の内部から「一字一石」、「寛永通宝」、「戒名の書かれた木片」等が
多数発見されました。現在の場所に移設された際には、地震による倒壊を防ぐために石組土台部分と
石塔本体部分を分離して設置する事となり、現在の姿となりました。
imgimg
兵庫県明石市魚住町清水 道標のある辻
左 二見/右 三木 加古川面:右 江井ヶ島
imgimg
魚住町清水居屋敷
イオン土山店が見えてきた
imgimg
県道514号交差点 松本稲荷と地蔵
イオン土山店
imgimg
土山駅前交差点
加古川市平岡町土山 姫路藩領に入る

イオンにいた「ワンちゃん」 可愛すぎて思わずパチリ
img img
<Prev・境川−明石    TOP   Next・土山−加古川>