丸亀街道

天下泰平の江戸時代であっても 農民は疎か町民と言えども 国境を越える他藩への旅は御法度であった
ただし信仰による参詣旅はその限りではなく お伊勢参りに代表される旅が庶民の間で流行した しかし
路銀を工面するためと旅の安全を図るため 多くは「講」を組んでの数名から数十名の規模で旅をした
江戸時代末期の文化文政の頃には 温泉宿の1泊宿泊が許され 参詣をかねた物見遊山の旅も出来るようになる
「こんぴら詣り」は特に畿内からの参詣客を 天満の湊から船で定期的に送り出していた この船を「金毘羅船」
と呼び 日本初のCMソングである「こんぴら船々」という歌まで作られていた 金毘羅船(こんぴらぶね)は
讃岐の宿と大阪の船宿との共同事業で観光会社でもあり 参詣客を乗せて大坂と丸亀の間を往来した日本で
初めての観光船であった 途中 室津・下津井などに寄港し通常3〜5日 早ければ2日以内で丸亀湊に着いた
湊からは約3里の道をガイドが案内し宿も決められていたらしい 客は「金比羅船」に路銀を支払い乗船すれば
間違いなく「こんぴら参り」が出来る手筈となっていた訳である また「こんぴら参り」が流行した一因として
象頭山松尾寺の宥光の発案で参拝の土産物として丸に金の印を入れた団扇を作ったことが 軽くて嵩張らず
大いに土産物としてもてはやされ 参詣客によって津々浦々まで運ばれ金比羅の名が広まったことも考えられる
<link:丸亀市金比羅街道Map><Link:正調・金比羅船々>
imgimg
丸亀港の「金比羅講燈籠」
かつて金毘羅詣での客で賑わった門前湊丸亀のシンボル 今も残る船着き場「新堀湛甫」(しんぼりたんぽ)を
天保4年(1833)に築造するとき 当地の金比羅宿の柏屋団次らが発起人となり 江戸地において千人講を作り
浄財を出し合い天保9年(1838)に完成した青銅製燈籠である 台座には「江戸講中」と 灯籠の側面には
寄進者や世話人達 1357の名前が刻まれている 特に寄進者の中で 最高額の80両を寄贈した江戸本所相生町の
「塩原太助」の名にちなみ「太助灯籠」とも呼ばれている 後 対岸に2基「福島湛甫」にも2基の灯籠が
建てられたが 第二次大戦中の金属回収令により没収され この1基のみ残された 高さ5.28mで蓮の花を模る
この太助灯籠を目印に丸亀港に入港し 琴平の高灯籠までの 150丁(約12km)の道のりを参拝客は歩いたのである
1978年には往時の姿そのままに復元され 1986年にはその位置を一段高くして今も丸亀港を見守続けている
imgimg
寿覚院の山門前「百五十八丁」の灯籠 平成6年移築
南条町の灯籠 明和元年(1764)
imgimg
中府町三丁目
中府の大鳥居 金刀比羅宮一の鳥居
imgimg
丸亀湊から移された起点石「従是金毘羅江百五拾丁」と刻まれてる ここにはかつて駕籠かきの詰所があった
imgimg
群家町 神野神社
角下組石灯籠
imgimg
与北の茶堂跡 街道中最大の石灯龍
 茶堂は休憩接待所である 入口の橋・石灯龍・丁石・馬乗石・手洗石・印瓦等に往時を偲ばせる 
imgimg
角上組石灯籠
山下の道標「右金刀比羅道 左大川剣山道」
imgimg
img
<上左>百々の辻から丸亀へ

<上右>百々の辻から金比羅へ

<左>横瀬の鳥居 135丁

<右>金比羅側起点石
img
imgimg
高灯籠と門前町
高灯籠は安政元年(1854)の発願から6年の歳月をかけ 万延元年(1860)に完成 高さ約27mで 丸亀沖の船に
届くよう築かれた 内部は三階建て木造灯籠としては日本1高い 1979年 国の重要有形民俗文化財に指定された
imgimg
金比羅宮への石階段
金比羅宮 拝殿
 TOP