日田の散歩道  2015.02.20  天領日田ひなまつり

雛まつりで賑わう豆田の町から 今日の目的地・天領日田洋酒博物館を経て 隈町界隈へ往復散歩
img
花月川では 2012年7月の豪雨災害の復旧工事がまだ進む
img
豆田上通りの鏝絵
imgimg
img
img
商家の戎瓦
img
img
img
img
市山亭(しざんてい)懐古館 江戸時代から続く料亭 入館は有料
img
img
img
山田洋次監督の男はつらいよ第43作目の「寅次郎の休日」日田ロケで使われた薬局
寅次郎の甥 満男の憧れの人 泉の母と別れた父一男(寺尾聡)が 幸江(宮崎美子)と暮らす薬局
img
「天領まちの駅」の裏にある祠
img
廣瀬史料館前
img
img
img
img
中津街道の枡形に建つ草野本家
img
img
咸宜園
img
大正モダンな高田歯科医院
img
市営三本松駐車場 日田養育館址の碑

昨年の散歩で気になっていた「天領日田洋酒博物館」を訪ねてみた
昼の入館料は 500円(ホットドリンク付き)
館内にバーがあり夜は酒が飲める バーカウンターは日田杉でとにかく長い
夜間の入館料は不要で チャージ料300円(おつまみ付)で各種の洋酒を飲みながら見学が出来る
PM 20:30 開店 AM 0:30 閉店 定休日:水曜日
住所:大分県日田市本庄町3-4 ブログ:ktsmuseum.blog.fc2.com/
言わせてもらえば 咸宜園や広瀬家・草野家などより よほど楽しめる空間である
旅館街からも近いので 夜はそぞろ歩きの目的地としてお薦めのスポット
ただし 旅館の浴衣では来ない方が良い あくまで「アメリカンテイスト」な場である
img
入場料500円は法外だが 酒屋の道楽程度のものかと思いつつ 話の種に一度は入っておこうと
高を括って来てみたが 足を一歩踏み入れると外からは見えない驚愕の結果が待っていた
img
元は映画館なので館内は広い
img
まず目に入るのは ウィスキーの蒸溜釜である「ポットスチル」
「レプリカ」だろうと 思っていたら 「マッサン」ことニッカウィスキーの創業者・竹鶴政孝が製作したもの
実は 元ニッカ日田蒸留所に展示されていた「逸品」である この博物館のオーナーが懇願して入手したらしい
いきさつは 案内して頂いた御母堂の話によれば 日田蒸留所の閉鎖に伴い
余市蒸留所に返却される予定の ポットスチルの買い取りを 当時の工場長に懇願した
当館オーナーの 「洋酒にまつわるコレクション」に驚いた工場長は 本社にその目録を持参したうえで
役員会の決済を得て 正式に譲渡されたと聞いている 譲渡契約により 転売はおろか
入手金額も口外無用となっている そして この近代遺産とも言うべきポットスチルに関する
保護・保全の義務と責任は全て負うことになっている
imgimg
創業期のポットスチル
竹鶴政孝氏とリタ夫人
imgimg
img
img
img
img
館内に漂うのは オーナー・高嶋甲子郎氏の 限りない「アメリカンテイスト」への憧れだろうか
中学校3年生から 親の金銭的援助も受けず 30年間こつこつと集めたコレクションは
約8万点以上となる その内 僅か2万点が展示されているにすぎないのに
多岐にわたるコレクションの数々が 所狭しと並べられている 驚くべきは 収集のための国外渡航は
一切無かったと聞く 全てが国内で 集められたものである
ボトルの多くには まだ生きた酒が入っているのも驚きである

旅館街のある隈町へ ひな祭り期間中だが この区域は人通りも無くひっそりとしている
img
八坂神社 叢雲(むらくも)の松 樹齢300年超 東西に這う枝は全長35m以上ある
img
日田祇園山鉾会館 有料
img
隈まちづくりセンター黎明館の雛飾り 無料で見学できる雛飾りはとても少ない
隅地区の 旅館やホテルのロビーには雛飾りがあるようだが開放的ではない そのため観光客がこない
後日うきは市吉井の「ひな祭り」を訪ねたが 施設は全て無料 そしてそれぞれ商家には必ず雛飾りがあり
雛飾りの見物は全て無料であった そして 店主や奥さん達と打ち解けた話が出来て楽しく過ごせた
日田が観光ひな祭りの発祥と言うが 雛飾りそのものが有料化され 街角に雛人形の姿は無い
その上気ぜわしく商品の購入を迫られる そのためか 先年の賑わいはほとんどない 少し考える必要がある
img
旧豊後街道沿いの旧家
img
味噌・醤油醸造商 原次郎左衛門 日田の醤油は甘くサッカリンが添加されているものが多い
img
中城町薬師堂 300年の歴史があるが 堂宇は1980年改築のもの 
img
薫長酒造の土蔵
img
 TOP