大分交通宇佐参宮線26号機関車   所在地:大分県宇佐市南宇佐宇佐神宮境内

<掲示板> 宇佐参宮線26号機関車  大分県指定有形文化財
この機関車は、明治24年(1891)にドイツ・ミュンヘン市のクラウス社が製造、明治27年に
九州鉄道(株)(国鉄の前身)が購入し活躍していましたが、昭和23年機関車の大型化に圧され
大分交通に譲渡の後、宇佐参宮線の主役になりました。
宇佐参宮線は、大正5年(1916)3月開業し、昭和40年8月に廃止されました。
二六号機関車は形式10、製造番号 2550号、最大長 7.509m、高さ 3.546m、幅 2.546m、
運転装備時重量 23.36tで、実に71年間にわたり活躍しました。
img
明治鉱業17号(元・九州鉄道6号 旧・鉄道省10形17号機)

クラウス機関車ミュンヘン工場の創業は1866年(慶応元年)で 創設者はゲオルク・クラウスである
創業から1961年まで 12,000台を超える小型機関車を製造した 一般的にドイツ製の機関車は堅牢で
効率がよく牽引力も強かった 日本に初めてクラウスを導入したのは 明治21年(1888)の伊予鉄で
軽便用機関車を2両購入している その後第一次世界大戦でドイツが敵国となるまで輸入は続き
総数は113両の機関車が日本へと渡ってきた その多くは九州及び四国で使われ その他僅かながら
関東・関西へも進出したが 遂に官営鉄道への直接販売は実績をつくることが出来なかった
日本へ渡ったクラウスは全てタンク機であり 九州鉄道にはこの10形と同形の機関車が 20両導入され
その他 栃木県の両毛鉄道1両 埼玉県の川越鉄道2両 多摩の甲武鉄道2両の合計25両が全てである
img
明治29年(1896)九州鉄道八代駅開業記念写真のクラウス
img
九州鉄道11号(鉄道省10形22号機)
img
鉄道省10形25号機(旧・九州鉄道14号)名古屋で活躍 鳥栖配属の26号機とともに国鉄最長命

各鉄道の国有化に伴い九州鉄道保有の18両と 九州鉄道から紀和鉄道へ譲渡され 後に関西鉄道に譲渡された2両
甲武鉄道の2両 両毛鉄道から日本鉄道に譲渡され房総鉄道へ再譲渡された1両を加え 同形の23両すべてが
鉄道省10形機関車となり 10号機から32号機まで連番が打たれた 国有化後は全て九州鉄道管理局内に配属された
手頃な大きさで高性能な10形は 国有廃車後も多くが民間に払い下げられ長く使用されている
国鉄に所属した23両のうち 19両が民営鉄道へ引き取られている 譲渡先は次の通りである
No.10-14の5両が明治44年(1911)博多湾鉄道に譲渡
No.15.17の2両が大正14年(1925)東京横浜電鉄に工事用として譲渡 後に留萌鉄道へ再譲渡
No.16.18-24.27.28.30の11両が大正14年(1925)八幡製鉄所へ譲渡 八幡製鉄No.210-220となる
その後は多くが廃車されたが 堅牢かつ高性能で長命を保ったため 留萠鉄道の15・17号機 大分交通26号機
その他に 川越鉄道から防石鉄道に移った川越2号機の計4両が現在保存されている
15号機は北海道沼田町の文化財に指定され 平成元年(1989)から「沼田町ふるさと資料館」内の専用庫で
大切に保存されている 17号機は西武デパートのオークションで落札され個人所有となり 数々の遍歴を重ね
現在は 栃木県那須烏山市の那珂川清流鉄道に屋内保存 防石鉄道に譲渡された川越2号機は
現在・山口県防府駅近くの鉄道記念広場で静態保存されている 川越1号機は西武鉄道に買収後多摩川線で
戦後まで使われたが その後建設省が譲受したが廃車となっている
15・26号機はともに準鉄道記念物に指定されている 宇佐神宮の境内に保存される26号機は
九州鉄道19号として輸入され 明治24年(1891)製造 製造No.2550となっている
主要諸元(明治42年・1909年の形式図による)
鉄道院形式10形 15-32号機(九州鉄道 4-14.19-32号機)
全長:7509mm 全高:3626mm 全幅:2546mm 軌間:1067mm 車軸配置:0-4-0 動輪直径:1120mm
弁装置:ワルシャート式ヘルムホルツ型 シリンダー(直径×行程):321mm×500mm
ボイラー圧力:12.4kg/平方cm 機関車運転整備重量:25.50t 機関車空車重量(自重):18.10t
機関車動輪軸重(最大・第2動輪上):13.15t 水タンク容量:3.7立方m 燃料積載量:1.48t

大分交通へは 昭和23年(1948)8月に13号機 昭和24年(1949)4月に14.26号機が譲渡され 13.14号機が
同番号のまま国東線で使用されたが ともに昭和29年・昭和30年に廃車となっている
26号機は低規格の路線で使用するため サイドタンクの高さ切り詰めなど軽量化改造を実施して 宇佐参宮線で
使用されていた 同線が廃止された昭和40年(1965)8月に廃車となったが 宇佐町に寄贈され保存されている
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
img
 TOP